2011年02月03日

2月の更新

☆39度まで発熱しておりましたが、復活。インフルエンザではなくよかった。
月刊ステラ・マガジン、今月の12星座もなんとかアップしております。ここのところ無料ページばかりですが、近々有料ページもどんと更新する予定ですので、購読ユーザー様、お楽しみに!
stellamagazine1102.jpg

星のカフェテラス/今月の12星座では、ラッキーアイテムに春にちなんだお花や果樹を取り入れてみましたので、ご覧になって。

☆ナディア・オフィスの今月の西洋占星術研究会は、2月19日土曜日 11:00〜 です。ご参加お申込は12日まで。
詳細はお問い合わせ下さい。

☆3月は種まきイベントを企画しています。続報、お楽しみに。。☆

いやいや、今日は暖かさを感じた一日ですが、なかなかこの時間になると冷え込みますな。体調管理、しているつもりでも油断は禁物。また、年令と共にメンテナンスの仕方も変えていかないと、いかんですね。ひずみが出ない人なんていませんからね、前向きに!!
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

11月の12星座更新しました

遅くなってしまいました。星のカフェテラス、今月の12星座UP

月刊ステラ・マガジン
stellamagazine1011imageml.jpg



毎年恒例の、翌年つまり2011年一年の星回り及び12星座の運気を導き出すワンデイ研究会について、もっと具体的に内容を知りたいというお声を複数頂戴しております。たとえば、こちらの星のカフェテラスが、今月の12星座の運気ですね。

研究会でも、同じように12星座の運気を導き出すわけですが、1ヶ月ではなく、来年1年を通しての運気を占断する研究会となります。
星のカフェテラスでは、毎回ラッキーアイテムにも触れるようにしていますが、こういうものの導き出し方、さらには役立て方についても、会では取り上げますので、興味のお時間のある方はぜひとも、ご参加下さい。

月刊ステラ・マガジン 今月の表紙は「オリオンとダイアナ」。
そちらにも書かせていただいておりますが、すべて人は同じ「要素と質」から出来上がっています。

昨今、痛ましい事件がニュース番組で報じられています。先だっての耳かき殺人、そしてまた今日も殺人事件が、、
信じられない、人間じゃない、口々に言う人がいるけれども、、
他人事のように感じるのは、一種の「平和ボケ」現象なのかもしれません。
ホントに平和って、どこにあるのでしょうね?日本は法治国家だし、どこへ行っても武力闘争などありえないから平和だと感じている人も多いでしょう。私もそんなひとりでした。テロや内戦で血みどろになっているあの国とは違うと。だけど、回りを見渡せば、みんなみんな戦っている。ささくれだった心で、一触即発のピリピリしたガヤガヤとしたうるさい町中で、みんながみんな戦っている。家族とさえも。そうして、たまに本当に血を流す事件が発生する。まるで周期であるかのように。確実に常に事件は発生しています。みんながみんな、血を流し、流させる要素と質に満ちあふれている。

だけど、これが人間の本質なんです。否応なく、生存競争のレースに投げ込まれてしまった私たち人間の。競争、レースとは利害ばかりじゃありません。誰もが自分を守る戦いを今日も繰り広げている。だからこそ、人間らしくどう生きるか、どう幸せをつかめるか、自分らしい幸せ探しの術、それは占術だけではないのですが、様々な手法が取り沙汰され、癒しの一貫になっていく。

ナディア・オフィスの占星術は、他とはちょっと違うかもしれません。ホロスコープに何を見出し、それを「どう役立てるか」に焦点を当てるのです。まずはホロスコープを、すなわち自分自身や現実を、その延長線上に見えるものをしっかり見ること。

人は通常、見ないようにしている生き物です。視界に入れたいものだけ入れる、それが人間という生き物の得意技なのです。だから、もともと何でも素直に視界に入れて、直視できる人なら、ホロスコープとはもう用はないかもしれませんね。

見たいものだけ見ることに慣れて、それもあまり行き過ぎると、幸せを見失います。自分さえも見失います。周囲が見えていない人は、周囲にも見てもらえなくなります。そうなる前に、ちゃんと目を見開いて、視界に入るものを入れていきませんか?

ただ、現代人の闇というのは、「周囲に見てもらいたくないの、わずらわしいのはいやなの」と言いながら、TVでは「無縁社会」の問題が取り沙汰されるという、そういうところに象徴されているでしょうね。みんなで好んで進んで作った「無縁社会」。そこが居心地がいいはずなのに、やっぱりちょっとどうもこれは問題なのでは、と感じ出す、、そんな歴史のくり返しなのかもしれませんね。そんな時はすなわち、動く時だというサインなのかもしれません。でわでわ2011年は動くか否か、動くならどう?そういう問いかけに、星回りに応えてもらうことの意義をお伝えできればと力を尽くして参りますね。

2011年星回り研究会
☆日程:2010年11月13日 土曜日 10:30〜13:00
☆参加費:一般5,250円 会員割引有
☆場所:池袋ナディア・オフィス

あと少しお席ございますので、ホロスコープの何故?を持ち込みつつ、どうぞお気軽にご参加下さい。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

アルカナ「恋人たち」による人間関係にまつわるトラブル解消法&開運法

ところで、パンジーやビオラの季節ですね。タロットレメディによる処方箋では、お花を提供させていただくこともあります。パンジーは、アルカナ6番「恋人たち」のお花。各アルカナとお花やハーブの対応については、国書刊行会「タロット象徴事典」を参照されて下さい。

そんな季節にちなんで、タロットレメディ−心の処方箋−心がカゼをひいた時に。。  ステラ・マリス・ナディアがタロットカードを通してお届けする処方箋、「月刊ステラマガジン」にアップしております。
題して、アルカナ「恋人たち」による人間関係にまつわるトラブル解消法&開運法!
人間関係につまづいた時に、、     
  「パンジー&ビオラ」の寄せ植えで開運☆人間関係を円滑にするタロットレメディ

   パンジーはナデシコ科のお花で、青、黄色、紫、赤、ピンク、オレンジ、白等々花の色の豊富さを誇る、ポピュラー度ナンバーワンの存在。冬から春先の花壇を彩ってくれる、この時期愛すべき存在。キリストの象徴学においては、花びらの形から、三位一体の象徴とされています。さらに、パンジーという名前は、フランス語の「penesees;思考」に由来するもので、思考、思索、記憶といった事柄とも結び付けられ、文書の中で詩的に用いられることが多いようです。

 そうしまして、「開花、結実」とは、「願望成就」の象徴。寄せ植えのお花が来春満開になるまで、今あなたが持っている様々な可能性のタネについて、その開花と結実についても、お花を愛でつつ考えてみませんか?

 ナディアは幼い頃は「魔法使いになりたい」と思ったものです。そして、自分の願い事を全部叶えられるようになりたいと・・・なんとゆう自己中心的な考え方でしょうね。でもまあ、幼い子どものことです、、でもでも、どこでも占術家として仕事をしていると、「願いが叶うかどうか」にこだわる人が多いように感じています。願いを叶えたい、、その気持ちに、大人も子どももないかのよう。            

こちらの処方箋のみ、PDFファイルでの販売も開始しました☆
http://stellamagazine.cart.fc2.com/ca52/183/p-r-s/


『月刊ステラ・マガジン』購読ユーザーの皆様は「心のカフェテラス」TOPからご購読下さいませ☆
http://stellamagazine.net/Heartycafe/index.htm


「アルカナ「恋人たち」による幸せの法則」22のレッスンの第6ステップでは、願いが叶う、宇宙のシステムについても触れてみました。         
購読ユーザー様からのご意見、ご感想もお待ちしております。


 今期はミニシクラメンに、チューリップとユリの球根それぞれ2種、ナディアも来春に向けて、弊社門戸辺りをワッと飾ってもらえるように寄せ植えました。ハンギングスタイルもいくつか作ってみました。ポットに詰め込まないのがナディア流儀です。美味しくてほどよい固さの土の中でグングン根っこを伸ばして、成長して欲しい! 

モノの本によれば30cm直径程度のバスケットに8〜10株も植え付けるとか・・いやどんな小さな株だとしても、それってお花にとっては軽い拷問のような(焦。

   土の中で、株同士の根っこがケンカして、弱肉強食の争いの果て、生命力を失ってしまう株が出てきたりするのです。長細いプランターなどは株ごとに地中をパーテーションで区切るとよいですよと、スタッフT氏。いやこの方、男性ながらバラを咲かせる名手でして、弊社のアンソニーと呼んでおります。でわでわ!

※ステラ・マリス・ナディアは日本園芸協会公認ハーブコーディネイター、ガーデンコーディネイターです。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

12星座細密研究更新完了

ようやく、星座と更新日が合うようになってきました。何とか月一で更新し続けられるようがんばります。

stellamagazine1009zodiacimageml.jpg
乙女座徹底研究UP!

☆人生悲喜こもごもですが、そのいろっんなこと、イザコザ、諍い、摩擦、時には格闘!なんて波があったって、「幸せ」に向かって突き進んでいるなら、OKなのです。その波の「本質」を見極める道具が、占術なんですね。
12星座は神話というストーリーで、タロットは絵物語で、それらをわかりやすく教えてくれる道具です。
占術を、広くわかりやすく、多くの人たちにご理解いただければと!
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

7月の占いを更新☆

いつも更新が遅くて、、内容充実に努めております。お楽しみいただければ!
7月22日は土星、そして24日は太陽が移動。
表紙絵の解説文は、というか本誌の全容はつまり「タロット象徴事典」の元原稿なのです。ページ数の都合上掲載できなかった分。
imagestellamagazine1007.jpg月刊ステラ・マガジン7月号

さて、もろもろのお知らせ。

☆ユニバーサルウェイト・ポケットタロット 
各所で大人気です。当店では、6/23〜終了未定で、送料無料で¥2,100でお届け中。
一番左端です。
4waiteboxes.jpg

☆ユニバーサルウェイト・タロットのほうは、小一週間程で入荷する予定です。

☆タロットクロスも入荷到着間近。7/12〜一週間の予定で、クロスの送料無料キャンペーンを開催。
月刊ステラマガジン・ウェブショップをチェックしていて下さいね。

☆タロット茶話会のご参加お申込、お待ち申し上げております。
あんまりマルセイユ版てみんなさんの興味の対象じゃないのかも。。汗)
タロット愛好家との交流目的のみでご在籍されている方もおりますので、とても皆さん楽しみにしております。
かなり今日も期待をされている雰囲気を感じた次第です。振るってご参加下さいね!

☆通信受講生の皆様へ、ちょっと添削に日数をいただいております。しっかり読ませていただいております。土曜日以降、順次配送の運びです。お近くの方は、ぜひ茶話会でお顔見せて下さいね!!
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

「医食同源」

このタイトルで、ナディア・オフィスで長くタロットを学ばれているカウンセラーの方にコラムを書いていただきました。
なかなか、読み応えがありますので、ぜひご一読下さいね。
他にも「2010年あなたの運勢」など新規アップ項目あり。
◇──────────────────────────────────◆
  2010/1/19
 「からだと心と精神と」医食同源 新規UP!
 http://stellamagazine.net/Bodymindspirit/index.htm

  2010/1/8
 「星のカフェテラス」月次更新、2010年の12星座の運勢UP!
 http://stellamagazine.net/12constellation/12star.htm
  
  2010/1/5
 ナディアのギャラリー更新
 http://stellamagazine.net/12shinwa/

  2010/1/4
 創刊によせて 2010年ヴァージョンUP!
 http://stellamagazine.net/Aboutus/index.html
 
 こちらには、「タロット象徴事典」の手引きもあります。大変長い著作ですので、お手持ちの皆様には、ぜひ「本書の読み進め方」を熟読していただきたいのですが、読み飛ばされがちかもしれませんので、ウェブにもまとめさせていただきました。
 多くの皆様には大変丁寧に読み進めていただいているようで、感謝申し上げます。

   ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

***有料購読をお申込いただいている方の、
        星回りチェック、占いに関するご質問も随時受け付けています***

       お問い合わせ、お申し込みは専用フォームをご利用下さい。
       http://form1.fc2.com/form/?id=402574

   ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

まぐまぐから「占いと心の問題を考える開運メールマガジン」配信できなくなってしまったようです。。昨年のブランク中に休刊扱いとなり、復刊依頼を根気よくこの3日間出していたのですが、ご返答なく。
やむなく、また、違う形で、お届けできればと考えています。

医食同源と言えば、うちでは冬はネギ料理が多くなります。ネギも立派な薬草、ハーブですね。ぜん息にも効果を発揮するようです。においにお困りの時にはミントでリフレッシュできますよ。
自家製ミントのうがい薬を愛用しています。

先日は日本易道学校の開運ツアーに参加させていただいたのですが、バスガイドさんのことばで印象に残っているのが「うがい、手洗いは基本ですが、うがいよりも手洗いのほうが重要」だそうです。以外でしょう、、身近な雑菌に要注意ですね。しかし、相変わらず骨折しているので包帯をしているせいもあり、なかなか手洗いについては苦心しています、、

そういえば、私が骨折した翌日に、同じような部位を骨折された人が身近に居て。奇遇です。同じ星を持っているんでしょうかね? で、「方位が悪かったのか?」的な話題に持って行かれるケースが多いのですが、、この辺が東洋占と西洋占の大きな違いですね。「厄災」についての考え方が違う。
これについてはまたマガジンで論じていこうと思います。
とにもかくにもまだまだ冷え込みますから、皆様くれぐれもお大事に!
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

5月最後の更新

09/05/28
占い百科 現代占い事情その@〜前世に癒やされる現代人たち〜をUPしました。
こちらは無料で購読できるページですので、ぜひお読みになっみて。まっ、この話題はそのIぐらいまでいかないと、、なかなか深い問題ですので。次回はもちょっとカジュアルな話題を提供できるよう精進してまいります。

いやしかし、清く正しく美しくをモットーにした宗教の教義、説法というものには、流石なものが。信徒ではないこの私でさえ心の洗濯させていただけるものです。ただ、慈愛に満ちたこの世界の確立を目指していらっしゃるのは結構なのですが、、血みどろの宗教戦争やっているようでは本末転倒。

また、前世については、エキセントリックな前世占いでキャッキャと楽しまれるのはまあ記事にも書いてあるように、ご自由にどうぞと、結構な話なんですが、、その程度の慰みに、「占い」が利用・商用、はては悪用されるのも、、ホドホドにしておいてほしいという本音が。はたまた前世にはまって、ホントに信心してしまって、現実が見えなくなってしまっている方もおられるし、、これこそもう本末転倒。。実際には、究極の前世説=恩返し説で、物事を解決してらっしゃる方はあまり居ないようです。気休めにはなるようですが。。

癒しって、何なんだと常に思うが。。
音楽聴いたり、ワンコと触れ合ったり、他愛のない日常の中に癒しの要素はいっぱいあるじゃないね。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

月刊ステラ・マガジン 4月の更新情報

こちらは今日は恵みの雨。ワンコのトレーニングにも行かずに済み、しばし休息の時を過ごしております。
雨の日は落ち着いた雰囲気がしてよいですね。鮮やかな緑に映えるマゼンタ色のツツジがより一層美しく濡れ輝いています。

さてさて、昨日は多くの皆様のご協力により、無事、心のカフェテラスをオープンすることができました。
「占い」について、占いを用いる身の上相談、用いない身の上相談の違い等々書かせていただきました。
http://stellamagazine.net/Heartycafe/

また、悩みを解消したい、幸せになりたい、開運したい、、そんな思いで多くの方が占いをご利用されているかと思います。本当に私共の占術が役に立てていただけているか? これは私共が常時気にかけているところでございます。悩み事や問題について、すぐにパッと解決できる魔法は、残念ながらありませんが、心の重荷を軽くするのに役立てていただける専用フォームも設置しました。

また、ギリシア・ローマの神々のコーナーでは、アフロディテ、関連タロット女帝 を取り上げております。
http://stellamagazine.net/12shinwa/

様々なな占い雑誌が刊行されているようですが、群を抜いて、本格的且つ実用性の高い「月刊ステラ・マガジン」、今後ともよろしくお願い申し上げます☆
http://stellamagazine.net/
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊ステラ・マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする