2021年09月29日

総裁選を占うその2

楽天市場の店長ブログ閉鎖にともない、ここでこれからはしばらく楽天&Amazonネット通販の宣伝をさせていただきます☆彡

ウェイト・トランプ☆彡
image6pieces.jpg
AmazonにてJTSより2営業日内に発送中★ ブックデポジトリは優に5日以上かかります。




トランプチャーム付きはこちらから★


なかなか本格的に書きにこられず本日に至ってしまいましたが、はずしたことについてはごめんちょです。

はずしてよい占いとはずしてはいけない占いが、あるとは言いましょうか。

はずしていい占いというのは、それはもう不幸の予言みたいなものでしょう。回避するべしと。

が、その回避してハッピーエンド?なところまで、占えないの? と突っ込まれますよね。

そもそも「当てる」=未来が決定している
この前提で、可能になることにはならないだろうか? という疑問も起こる。
運命として定まっていることを前提に占うというのなら、占い師というものは運命論者なのか?

等々、もう一生やってて下さい。

人間の一生は短い。
しょっちゅう「当てる当てないではない」と、やるのはまあ、広告としてはどうなんだろうという余地はあるけれども、短い一生ながら、事に当たるなら急がば回れ。一生仕事をしていくに当たっては、「こっちの水は甘いよ」的な広告手法よりは、何とかまあ益にはなっているようではあります。

まあ、下記についてはまず直近で易道学校での講座でもできるし、あと会員様向けにオンラインでミニ講座も開催するのでそこでね。

がしかし、まあタロット引きはもう素晴らしくないでしょうかと自画自賛したり。
野田さん=すでに死んでいる、高市さん=健闘賞、河野さん=ブロック対応で有名なお子様二世?、
岸田さん=電光石火の解散総選挙 

やはり読みなんでしょう
以上、★10/8金曜日追記でした。


その1は楽天店長部屋ブログに書いているので、続きですが、画像だけ。
これは河野さんに決まりそう。日本の未来がってほどではありませんが、今回はまあ誰がなってもね的な。
本当私なんてもう野田さんで決まって欲しかった。

いきなりタロットはNG。
まず、トランジット→ネイタルチャート→個別のタロット(ここは易道学校で)
次の段階の占的「総裁のイスに座るのは誰?」が下記です。
候補者4人ならタロットはぜんぶで5回最低でも繰っていて然り。ともかくまたね。

image20210929.jpg



posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 10:53| Comment(0) | タロット・西洋占星術講座のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。