2020年10月15日

お仕事関連のご相談20%OFFサービス実施中です

就職活動中、職が決まるまで、何度もあちこちに面接に行ったり、複数応募し、当然不合格もあり、そういう時は落ち込むものですね、自分が全否定された気持ちに陥ります。

井上の場合、留学前は警備員とかガソリンスタンドとかいわゆる当時でいうガテン系の仕事もしてきた旨、ツイートもしておりますが、帰国後もかなり多彩な現場で仕事をしてきました。2-3か月で辞めたようなものはあまりないですね。

わたしはもともと社会生活、人間関係がニガテなので、あまり人と接点がない、モノを売るとかレジ打ちとか、いわゆる販売関係でアルバイトを探しだしたのですね。

ところがことごとく面接で落ちます。お洋服、食品、小さなお店、大きなデパートも、面接ではニコニコ話をして、担当者からも「じゃあすぐにお仕事できるんですね!後日連絡します♪」なんて笑顔で言われ好感を得たのかしらと思っていると不採用通知。あるいはガン無視のパターン。

人間として自信を失ったものです。。

当時はフロムエーと言う雑誌が人気の求人誌でしたね。不採用ばかりで焦って地元の職安=ハローワークへ。

何かないのかな、あ英語を使った仕事のコーナーがある、見てみよう、、


そこで英語塾の講師のお仕事が。そこで応募→面接 即採用。小中学生のクラスを持たせて頂きました。

そこは小さい個人教室なので、私の出番は週に数回。

さらに探すと、予備校タイプの個人の英語教室にも応募が。ここでも応募→面接 即採用。


それでもまだまだ副業必須と、またさらに職探しへ。新聞の折り込みの求人広告などもすべて網羅、くまなく探しました。

すると「通訳募集」が。それは日本に転勤でくる海外の方を専門に扱う引っ越し屋さんでした。「チェッカー」と呼ばれる仕事で、荷物のパッキングリストを英語で作りながら引っ越しスタッフと顧客の間で英語通訳をするので、資格不要だし日常英会話でOK。ということで、応募→面接 即採用。

合格する時は立て続け。何だったんだ今までの不合格は。。

そう、、人材って、適材適所なのですね。

まあわたしも留学途中で退学した身で、有資格者でも何でもないから、「英語を使った仕事」は無理だと思い込んでいたのですが、選ぶ基準は各所それぞれなのですね。


チェッカーの仕事も登録制で週に2、3回しか入らないので、近くの化粧品の営業所にセールスレディの登録を入れたり、一番近い駅のスタンドコーヒー、今でいうドトールとかスタバとか、駅構内のショップの朝番をやらせて頂いたり。


まあしかし、本当どこでも可愛がっていただけたという思い出が。

特に女性が多いの職場は「占い」を介した仲よしさんなどにも恵まれたものです。

警備やスタンドや引っ越し屋さんは圧倒的男性の職場でしたが、かえって若い女の子?だからか、当時は丁寧に扱っていただけていた気がします。

工事現場とかはやはり気の荒いおじさんもいまして、通行止めのサインを出したらトラックから降りて来てめちゃ怒るわけですよ、、赤い三角コーンをけ飛ばされてええーわたしのせいじゃとおどおどしてしまうと、工事していた方がさらにまたどすのきいた声で出てきてくれますとあら不思議、さっきのけ飛ばしたおじさんが「すみません」とトラックに引っ込んでいった時にはおどろきましたね。

まあ副業がたくさんというバラエティに富んだ日々も、1年、2年めぐらいには結構疲れてきます。一か所でまとまった収入を得る方向性で、改めてフロムエーを探してみると、英語雑誌の編集アルバイトのお仕事が。結構有名どころだし、留学経験とTOEFLの点数だけでいけるか不安でしたが、応募→面接 即採用でした。

雑談はともかくとして、仕事探しはやっぱりタイミング! 

当事者だけの問題ではない、何をすればいい、何がわるいという問題でもありません。複合的なのです。


占いって、とかく「男女関係」、出会いは?婚期は?相性は? と焦点になりがちですが、

仕事も、それも個人のひとつの重要な出会いの時期をみるものだし、個人と職場のご縁や相性を見るものであって、恋愛・結婚も、仕事運も、占い方が変わるわけではないのです。

ただ観点を変える、動き方を変える、ちょっとした変化を起こし、流れに主導権を持っていただけるようナディア・オフィスでは力を入れております。


日本タロット占術振興会のAkiさんの姿勢はとても有意義です。

私は彼のAkiさんのスタイルを支持しており、問合せの段階で解決するのも自然なことかと。

ヘヴィなご相談は、私どもより適切な相談機関、もしくは医者や弁護士に当たってみていただきたいという感を抱くこともあるものですが、「そちらへ行けば」なんてどこかの占い師?らしきツイートも見かけたけど、、なんかなあです。

どういうところへどういうタイミングで行かれるか否か、しっかり占断させて頂ける窓口としてナディア・オフィスと日本タロット占術振興会がございます。まず窓口としての情報と知識の確保にも力を注いでおります。

ナディアのE-MAIL館では、10月末までお仕事関連のご相談20%OFFサービス実施中☆彡

タロットカードはお好みをお選び下さいね。


b6c347cf1a93ee10524e36e7713c63d6.jpg

imageClassicTarot.jpg




image20201010Alice.jpg



何卒、宜しくお願い申し上げます。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。