2013年02月17日

2013-02-16 土曜日 集会後記

  • 10時30分スタート。順当にいくとマルセイユ版アルカナ「運命の輪」がテーマになる日ですが、まずは、2/14に公開したYahooウェブトレーニングとあわせて、当会の主旨、目的、形式等を再確認。
 
  • ウェブトレのフォーマットに準じて、過去のおさらい。アルカナ「女教皇」〜「恋人」まで、マルセイユ版独特絵柄の解釈・読み解きを網羅。一枚引きから丹念にタロットの「使用法」にさかのぼる。
 
  • いわゆる占的を絞った質問の立て方をもう一回ぐらい次回も復習したほうがよさそう。
 
  • 読み解きのレッスンも入り、昨年は半分の時間を費やしていた「星回り」には触れられなくなった。別の回を設定したい。
 
  • 次回3月の集会は、第四土曜日23日以外の土曜日で参加者募集中。3/2、 3/9、 3/30のいずれか参加希望日をご明記の上、2月末日までにお問い合せ・お申込お願い申し上げます。


  • 研究会場所のナディア・オフィスはあまり広くなく、細長い机が並んでいるようなお教室的なところではありません。ひとつのテーブルを囲む形で最大5、6人ほどのお席を作ることができる感じでしょうか、ただ研究活動では密なディスカッションが求められますので、実質3、4人が開催しやすい人数かもしれません。
  • nahdiaoffice01.JPG  

 
  • たとえば、いわゆる教室で講師が受講生にワンウェイ講義をするという主旨ではなく、あくまでも参加者それぞれのタロット占術研究会の一端として活用していただきたい場。参加者それぞれがまず向き合い語り合い、情報交換、意見交換することを主体としています。さらなる疑問質問も出て、持ち帰りの作業や課題も出てくるでしょうが、時間をかけても、参加者の力を借りながら解決できればいいなぁと考えております。
  • nahdiaoffice02.JPG

  • 開催時間はわずか2時間半ですので、ダイジェストは引き続きyahooウェブトレーニングに追加していきますが、ホントに凝縮版であることをご了承下さい。

  • 研究会の継続は、皆さんそれぞれ本業でお忙しい中、自主性と自己管理が必要になりますね。ただ、主催者自身は、この何年か続ける中で、「研究活動」の時間をポンといただき、それだけに専心できる自由があった時よりも、空き時間で少しでも研究活動を、というスタンスでいるほうが、思考も感情もフットワークが軽いというか、小回りが効くように少しは成長したかと。しっかり時間が確保できなくても、心の準備ができていなくてもOKなのです。都度、お立ち寄りいただけるお仲間に恵まれますことを、祈っております。
 
  • 何よりも、「タロット占術振興する会」として、占術というものを日々どのように扱いどのように役立てることができるかというスタンスですおりますこと、人間とは、社会生活とは、幸福な暮らしとは、といった日常的な事柄がこれからもテーマになっていきますこと、積極的な研究生を随時募集しておりますので、まずは会に在籍されている皆様の、ご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。



 

0
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 12:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本タロット占術振興会事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック