2011年11月26日

易道学校で来年1月開講の12星座学科

こんにちは、井上です。易道学校で来年1月開講の12星座学科のお知らせです。
毎月第四土曜日 10:00〜12:30(休憩10分) 12ヶ月で修了となります。

さて、今日はガイダンスがありまして、通常ですと来月から開講のはずなのですが、12月の第四土曜日が連休中になるようなので、第一回目の授業の開講は、翌年1月の第四土曜日とあいなりました。
まだ時間がありますので、引き続き受講生募集中です。

「12星座学科」は、西洋占星術基礎科に相当します。追って、応用科=ホロスコープ解読、研究科=トランジット解読 という内容で開講があるかと思います。その都度、何某かより馴染みやすいタイトルを、考えていただけることでしょう。
何分、昭和13年より、易を専門とする東洋占の専門学校として親しまれてきた学校なので、まだまだ「西洋占」には抵抗を感じられる方も。

しかし、今や御自身が12星座の何座であるかをご存じない方はいませんし、去る10月に、各12星座の解釈や、その構造について、「あなたの知らない12星座」と銘打って特別セミナーを開催させていただいたところ、当校でもかなり好評をいただきました。大変嬉しく存じております。一方で、「わかりづらい」との強いご批評もいただいており、その点真摯に受けとめ、今期の改善策に役立たせていただいております。

今日のガイダンスで感じたことは、易道学校その物を、もっと広く理解していただけたらいいなと。
そうですね、こちらの学校は、占い師になるための学校 というより、目的は何であれ純粋に占いを学ぶ学校 の部類です。
取り合えず占い師のお免状や認定証が欲しいという感じの方には、のんびり何年もかけてやってられない、というところにもなるかと。

まあ当オフィスでも個人教授等開講していますが、「修了するのに何年かかりますか?」的な問い合わせ多々。
時間的に、回数的に焦って、はやく修了したい急ぎ足系の方って結構多いのですが、、

しかし、どうなんでしょうね、占い師というのは、美容師さん、看護師さん等国家資格が必要な職種ではありません。
どちらかと言えば、クリエイター系の、たとえば作詞、作曲、ミュージシャン、声優、映像関係etc、、そういった専門学校などでしょうか、例にとってみましても、そこを卒業すれば、「はい、なれました!」という結果には、必ずしもなりませんよね、当然のごとく、、
実際に活躍しているプロフェッショナルたるお方たちは、むしろ学校の卒業生という立場ではない。
好きなことを一生懸命やってきた結果、その地位を手に入れられた、ケースが大多数なのでは。

だから、修了期間云々にとらわれて、学校選びをして欲しくないなと、ちょっと思っています。
今日も講座で話したのだけれども、基礎科では、そもそも、どうしてこのような占断がなされるのか、という論拠をまず納得していただきたいのですね。
12星座のそれぞれの特徴を暗記などする必要はありません。
そもそも、いつどこで誰によって、そのように特徴づけられるに至ったのかという話を聴くことで、ああ、そういう仕組みなんだと、納得していただければ、それがそのまま心に記憶に残るでしょう。占術なんて、決して暗記物ではないはず。
歴史や構造、仕組みの部分をすっとばして、チャートの作り方読み方やったところで、果たして世に出て、不特定多数の様々なご相談者のお悩みに対応は、、できないのではないでしょうか。
と、今言っても、わからないんですよね〜  その時になって初めて「ホントの勉強がしたい」と気づく。
ま、その時いらしていただいて、まったく問題ではありませんが。

「西洋占の基礎」と言っても、本講座は、何座がどんな特徴か、なんてことを論じるのではないのです。
西洋占の根本原理を学びたいという方のための、12星座学科です。
現役の占い師さんも通われています^^。私自身、新たなサイクルで人間的に成長させていただきたい。共に精進してゆきたいので、ぜひとも、第四土曜日、月一回参加可能な方、お待ちしております。

日本易道学校へはこちらから
「日本易道学校」事務局
〒169-0073 新宿区百人町1−11−7    
電話:03-3361-1471

ホームページ:http://www.nihon-ekidougakkou.org/
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット・西洋占星術講座のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック