2011年10月05日

10月、11月の各種講座、イベントのお知らせ

☆10月7日 金曜日 タロットレメディ・セミナー「不動産売買」をテーマに戦略的なタロットの解釈・使用法
主に「ケルト十字展開法」を取り上げます。 

もう直前ですが、たとえば、下記参加者の方が展開された案件について。 家という大きな存在、自宅を売却する事にしました。それに関して気をつける事、また大切にする事として、ケルト十字で出しました。

image111004-2.jpg

タロットを解釈して読みくだす場合、いんせん人の心情に焦点が当たり過ぎていることがあります。

『現在の位置、女帝Rは亡くなった母を表しているのだと思います。そもそも家を建てるときに、母を迎えるために建てようと考えた家なので、現在の位置ですがこのスプレットの中心である位置に私の思いが、出たのだと思います。
過去の位置のソード10は、家を手放さなければならないと言う、主人の想いから受けた身体のダメージの深さだと思います。
未来の太陽は気持ちの完了、よしこの時期に売ろうと決断した心の表れ。そして太陽は家族であり、物質の象徴であり、お金の象徴でもあるので家が成就すると言う事は、家が売れる事につながる様に思いました。
顕在意識カップ8Rは、来年の8月までに売却を望む姿と無意識カップの女王は本当に売却できるかの不安さを表しているのだと思います。
ソード7の位置は私たちの姿勢、家を売却する事に関して、ある程度の折り合いをつける(相手の言い分を聞き入れる)点が伺えるのではないかと・・・
塔Rは相手(お客)を表し、本当にいい加減に値引いてきたり、ふっかける相手に気をつける、まただらだらと売るか売らないかとか、延ばしたりしない。私たちの決断、そして姿勢を表している様に思いました。
ペンタ9は私たちの売却時の願う金額を表し、それが実現できる様に思いました。ペンタキングRは最終的には何を言っても主人の決断だと思いますので、その決断を逃さない事、その様に思いました。』

タロットレメディにおいては、相談者が何を求めていらっしゃるのかが大前提ですので、上記の解釈で何も問題なく、次へ進めれれば、それでよいのです。ただ、不動産売買というご相談も多く受ける中、主催者としては、物足りない感が。というのは、
お客様は、大きなお金を動かすことと生活の100%を左右すると言っても過言ではない住まいという建築物その物、周辺を取り巻く住環境について、より具体的なアドバイスを求めていらっしゃるのが常であると―。
潜在意識にあなたの不安が出ていらっしゃいますね、なんてことを聞きにいらっしゃっているのではない、ということなのです。

また、主催者のケルト十字展開法では、人の「潜在意識」を見るような部分はないのです。「タロット解釈実践事典」の189頁に詳細がありますので、必ず参加者の方は読んで来て下さいね。ケルト十字展開法とは、今の状況を様々な角度から、言ってみればぐるっと360度から見渡すためのもの。タロットカードとは人の内面を詮索する道具では決してなく、むしろ、その人の心の目を開く道具であることを伝えたい。

たとえば、次の案件は、過去に繰り出した案件で、あるご夫妻が購入を迷っていらっしゃる物件についてのタロット展開。
image111004-1.jpg

その土地に大きな問題があり、やがてそれは判明すること、よって、この方々のほうから購入をとどまることが読み取れるでしょうか。何でも傾斜に建っている物件で、広さの割には格安でしたが、売買以外のところでの経費がかさみそうでも。ご夫妻の心情云々、一切触れることはありませんでしたが、何もカウンセリングを求めていらっしゃるばかりが占いの業界のお客様ではありません。現実的、戦略的なアドバイスを求めていらっしゃる方も大勢存在するのです。

ただ、戦略と言っても、あくまでも私達は「幸せのためのアドバイザー」です。単に儲けたい、営利に関するご相談は別なところでしていただくようお勧めする次第です。
幸せという心で感じる物事に触れさせていただくにあたっては、やはりカウンセリング的な要素は不可欠になってきます。タロットレメディ・セミナーでは、この部分をも大切に扱いながら、いかに占術的なアドバイスを効果的に活用してゆけるか、自分達自身のことも扱いながら毎回ディスカッションを重ねています。


☆次回のセミナーは、11月18日金曜日の予定です。

☆10月25日火曜日 西洋占星術研究会「11月の星回り」
いわゆる月運の解釈と、11月の12星座の運勢を取り上げます。
10月の運勢については、コンパクトにして「月刊ステラ・マガジン」>星のカフェテラス に掲載中。
stellamagazine1110imageml.jpg月刊ステラ・マガジン
※更新が遅れがちで恐縮です!
ご意見、ご感想、ご質問等ございましたら、ぜひ研究会にてご発言下さい。ごく少人数で開催していますので、気楽にいらして下さいね。グループ学習をご所望の方は、日本易道学校のタロット、及び12星座学科へどうぞ☆

☆11月20日 日曜日 14:00-16:30 タロット茶話会〜2011忘年会も兼ねて〜
テーマは「心を裸にするタロット」! 何なんでしょうね〜 いや毎回マガジンの表紙を飾る絵柄を探していると、裸体にちょくちょくとぶつかるのです。ルネッサンス画の特徴でもある裸体、タロットの絵柄にも多く登場する裸体。。人間は服を着る生き物ですから、ちょっと引っかかるものって誰でもあると思うんですね。

先回のセミナーでもお話したのですが、「悩みその物」よりも、それを心にずっしりと抱えたまま、人は朝起きて、服を着て、何食わぬ顔で電車に乗り、仕事をして、おつき合いに笑って、疲れ果てた身体を引きずって帰宅して、家族や身近な人と摩擦を起こしながら、「生きている」ことが、そこのところが非常に大変なのではないかなぁと。

主催者としては、セミナーの場、セッションの場でも、いらっしゃる方が、心の服を安心して脱ぎされるような場を提供していきたいなと、思う今日この頃なのですが、タロット愛好家の皆様はいかがでしょうか? そんなお話を皆さんとあれこれできれば、といつもの受講生各位、日本タロット占術振興会の会員各位、月刊ステラマガジン購読ユーザー各位、よろしければ一同お集まり下さいませ。参加費一律で2,100円です。

まあ色々と手広くやっていて大丈夫ですかなどと心配もしていただいておる主催者ですが、何分皆様日程や時間も調整して下さいますし、お待たせをすることが多くても快くお待ち頂けて、本当にありがたく思っております。
幸せのアドバイスをするプロ、そういうプロ意識を大切にしていきたいと、今年はそんな一年でしたでしょうか。ちょっと気が早いですね。でも、時は刻々と過ぎているのです。笑って年越し、年明けを迎えるには、そろそろ色々準備が必要です☆

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット・西洋占星術講座のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック