2011年09月24日

種まきイベントは27日火曜日に

先回のブログで通達申し上げました、種まきイベントは、参加希望者の方とのすり合わせの後、27日火曜日13-15時に変更となりました。

9月、10月は秋まきのタネの最盛期です。ナディア・オフィスでは毎年、春分の日と秋分の日前後の2回、自分自身と身近な人の健やかな毎日を祈願しながら、それぞれ春まき、秋まきの植物の種をまくことを習慣としています。

でわでわ、ここでナディアさんから素敵な花だん、寄せ植え作りのポイントを。。
「素敵! この花だん誰が作ったの?」なんて一度は言われてみたいものです。そんなゴールを目指すのなら、まず、好き・嫌いの感覚で植える植物を選ばないこと。
洋服選びと似ていますが、服を新しく購入する時には、今現在持っている服で合うものが三着あるとベストと言われますね。着回しがきくお洋服選びが、引いては日ごろのコーディネイトじょうずに通ずると。

植物も、今あるお花との色彩的なバランス、配置的なバランス、お世話の仕方のバランスを確認して、イメージ画を描いてみてから購入するとムダなく、自然に好感度UP☆ 

さてその詳細。
・ 色彩的なバランスとは
色はとても重要ですね。メインの花の色を決め、それに合わせて2〜3色選ぶのが一般的です。赤系、青系など同じ色の系統を濃淡でそろえたり、黄色と紫など対照色を組み合わせる、など色々なパターンが楽しめます。要所要所に白を取り入れて、派手さを抑えるとうまくいくと言われています。季節や場所を考慮して配色するのがガーデナーの腕の見せ所です。

・配置的なバランスとは
鉢植えでも花だんの直裁でも、詰め込みは厳禁。葉と葉がくっついて混み合った状態では、特に夏は蒸れからくる枯れ込みと病害虫の発生原因になってしまいます。風にそよぐ草花のイメージも大切にして、どこにどれだけ植えるかを決めましょう。鉢を並べる時も、一列直線上に並べるのではなく、鉢が触れ合わないように前後にジグザグさせる感じで並べると○。

・お世話の仕方のバランス
ひとつの花だん、ひとつの鉢に数種の植物を植える時は、できる限り育て方のポイントが似ている植物を選びましょう。乾燥気味に育てるもの、湿り気のある土を好むもの、西日に弱いもの、蒸れやすい、蒸れにくい等、お手持ちの「お花の育て方」で確認しておくと、育苗がスムーズです。

その際、園芸書で「開花期」を確認しておくことも大切かと。これがバラバラのお花を選んでしまうと、、とっても大変。主に、○○科などの同じ科目に属するもの、また、同じ原産地のもので特徴が似てきますので、同じ原産地のものをそろえるのも楽かと思います。
        
 お花の育て方には、まだまだいっぱいポイントがあることは周知のこと、もうキリがありませんね! 忙しい毎日で、水やりの手間もありますので、この際、まずあなたはどんな環境にお花を植えるのでしょう? 日照量、主な採光面、湿度、風通し云々、あなたの唯一無二のその場所、その環境に合ったタイプのお花を選ぶことこそ、開運のヒケツ☆
自分を知り、環境を知り、その自分を与えられた環境の中でどういかすか? まさに西洋占星術的思考。

特に夏場の「蒸れ」は強健な植物にさえダメージに、、そんな蒸れ対策、細かなお手入れなど、長くなりますので種まきイベントの際にと。
 
そうそう、「星のお茶会」も無事、22日開催の運びとなりました〜^^。 やはり参加希望者の方とのすり合わせで日程早まりましたが、西洋占星術の起源、、はそこそこでしたが、これが一個人の複雑なパーソナリティを読みくだすのに優れた術であるということで、なかなか皆さん他の命術とこれとを巧みに使い分けられているのが大変印象的でした。

アストロ・ダイスのお話も盛り上がりましたネ。
astrodiceimages.jpg

ステラの占いウェブショップでも大変、好評につき、次回入荷も見込まれてまいりました。在庫希少にて、興味ございます方はどうぞご覧になってみて☆

でわ、今日も一日、開運ガーデナー・ナディアの充実した日をありがとうございました☆

0
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック