2011年01月20日

ストレスレス園芸 s.i.さんのモニター体験

ストレスレス園芸 モニター体験 2010年12月16日のs.i.さんの記録をご紹介。

s.i.さんは、私的サークルの40代独身男性。もう10年以上も前になりますか、一度お母様からのご依頼で結婚についてレメディ相談に乗らせていただいたことがあります。お母様のご心配は露とも知らず、というわけではないかと思いますが、悠々自適な独身貴族を営んでいらっしゃるs.i.さん。ここのところ、仕事のストレス過多を感じていらっしゃるということで、早速ストレスレス園芸モニター体験に名乗りを上げていただいた次第です。
sisan.jpg人んちの庭になぜか弊社ユピテルの後ろ姿(写真右上)が、、s.i.さん大の犬好きということで、いっしょにお邪魔した次第です。が本当に邪魔するやつがあるかい。こら。

ええーさてさて、この日は、事前のアンケートとお話し合いで、ミニミニ・ハーブ菜園に挑戦していただくことに!
ナディアが選んだのは、ミント2種、食用チコリ、スイスチャード。s.i.さんのために選んだ苗をお持ちしました。

すべて、この時期にふさわしく、寒さに強い=耐寒性強です。
園芸においては、12月、1月は植物の休眠期。植え付け等にはふさわしくありませんが、ぜったいやってはいけないわけでもありません。植え付け可能、生育可能な苗の植栽、楽しもうではありませんか☆

生育旺盛なミントは、植え付けから1ヶ月もすれば、新鮮な葉を摘み取り、お茶をいただくことができます。
冬季に地上部が枯れてしまうミントが多い中、オレンジミント、アップルミントは冬でも枯れずによく茂りますので云々。


まずは、用土作りから。みんな、保水性の高い水もちのよい肥沃な土壌を好む点で一致していますので、すなわち、乾きにくい=湿度を高めにキープできる土作りに挑戦。赤玉土:ピートモス=7:3 の基本の用土に、水もち効果が高いバーミキュライト1、腐葉土2を配合。

s.i.さんには事前に近くの園芸店で購入しておいていただきました。
土を作りながら、「会社でのストレス」についてうがいました。
なるほど、仕事が辛いとか合わないとか人間関係とかではなく、s.i.さんなりに人生に向き合って考えているわけですね。。
ただ、それは今悩む必要はなくてね、そうなった時に、その時の環境の中で対応していくことだと思うんですね。
今はもしそうなったとしても、受けて立てるだけの「力」を、日々培いましょうよ!

スコップでよくすきこんで、コンテナ1分目まで鉢底石を入れて、8、9分目まで作った用土で満たし、水をやります。2回ぐらい時間をかけて、たっぷりの水で用土、コンテナ内を潤します。用土が落ちついたら、苗を植えます。黒いポットから抜くと根の部分にポット型に土がついて固まっています。これを根鉢と言いますが、あんまりくずさないほうがよい。根は植物にとって臓器に当たります、いわば心臓部。へんにいじくらないのが得策で、植え替えなど根をいじることは植物にとってダメージであることを覚えておきましょう。デリケートに、かつ素早く湿った用土に根鉢分の穴を掘って、植え付けて下さい。

何だかんだうんちくの中、小一時間程度で完了〜
shuuryouji.jpg
shuuryouji01.jpg
お庭の一番日当たりがよい場所に置いていただきました。一件落着☆

あやしげな酸度計では、ph7.5。アルカリ性好みのかれらにはちょうどよろしいかと。あくまでも、この酸度計は非常にあやしいことを明記。
nahdia1012.jpg yupitomint.jpg
はい、ちゃんと仕事しましたヨ! 証拠のナディアのお写真。てゆうかいっしょにお邪魔した弊社ユピテル、ミント食べてるし、、


arange2010-2011.jpg
え〜 うんちくばかりではありません。横でクリスマス&お正月向けの寄せ植えを作成☆ この後微調整して弊社を飾りました。

そしてこの後、驚愕のできごとが、、なんか、お庭が和風ガーデナーモードですね?

だって、こちらはサザンカの石植えではありませんか! 苔を利用して、サザンカを石の上に根付かせるのです、、

satsukiishiue.jpg

なんと果樹まで、、おミカンですか。鉢植えでよくまあ実がたわわになること!
mikan.jpg

なんとs.i.さんのお母様のすすめで、夕ご飯までごちそうになってしまったのですが、キッチンにはお母様オリジナルの水栽培。お父様が採取されたネギをこうして窓辺に飾っていらっしゃいました。え?!お父さん近くで畑を借りて、家庭菜園をされているのですか!
negi.jpg

こちらはニンジン。切って捨てるような部分が、こんな和風のインテリアに。いやお母さん何者ですか???
ninjin.jpg

こちらは、お父様の畑で採れたトウガラシ。いやもう脱帽です。
tougarashi.jpg

いや、s.i.さん、こんなご両親が身近にいらっしゃるのですから、ぜひおふたりといっしょに園芸をされて下さい。最高の教師ではありませんか! まずは、家族で対話をね☆

ということで、年明け一番で、s.i.さんにはこちらのストレス診断&開運ガーデニングアドバイス.pdfご送付。

ストレスレス園芸&開運ガーデニングご案内.pdfのご案内はこちらから

0
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ストレスレス園芸&開運ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日中は暖かね。芽ぶくと うれしいし 元気貰うわね。私は根を見ると元気を 貰うみたいで。野菜の根をビンにいれて水だけ取り替えて。写真に撮ってみたので、見てね。
Posted by 我が家の水栽培 at 2011年01月21日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック