2020年11月23日

アットマーク以降が正規メールアドレスだとしても

アットマーク以降が正規メールアドレスだとしても、、詐称詐欺メールなものが存在していますね。
メールの内容もしっかりしていたのでかなり焦りました。

たとえば、---
Amazonからの正規のEメールにつきましては、下記Eメールアドレスから送信されております。
・amazon.co.jp
・amazon.jp
・amazon.com
・amazonbusiness.jp
・email.amazon.com
・marketplace.amazon.co.jp
・m.marketplace.amazon.co.jp
・gc.email.amazon.co.jp
・gc.amazon.co.jp
・payments.amazon.co.jp
そのため、上記アドレス以外から配信されたメールにつきましては、リンクなどクリックを行わないようご案内させていただきます。
また、フィッシング詐欺やなりすましを止めるには、下記記載方法にてAmazonへご報告いただきますようお願いいたします。

・stop-spoofing@amazon.com宛てのEメールを新規作成し、元のなりすましメールを添付します。
Eメールを添付ファイルとして送信すると、「ヘッダー情報」を保存することで、偽造メールの送信元を追跡しやすくなります。
・偽造メールを添付ファイルとして送信できない場合は、Eメールをstop-spoofing@amazon.comに転送し、できる限り多くのヘッダー情報を含めてください。
下記ヘルプページをご参照いただき、適宜ご対応くださいますようお願いいたします。

---

なのですが、疑わしいメールはアドレスだけではなく、Form, To, その下の「Sender」も確認しましょう。

Sender: fuwu@pnjdlph.cn

などなど、どう見てもAmazonではありません。
多くはメールの文面内容から判断できるものがほとんどかとは思いますが、、アドレスが「Amazon」なのに内容が「楽天」とかもう。

それ以外ではごくたまにですが、精巧なメールも来ておりますので、、思わず時間かけてしまいました。

破損したHDDなのですが、ある程度復旧が叶い。色々重要文書も入っておるため当社に帰ってくるのを粛々と待たせて頂いております。。ここに会報誌に使いたい資料が!


というわけでまだ海外からの荷物が到着するのに1、2日ありそうなこともあり今日あたりは花市場へ。

早めに12月の運気をマガジンにアップして、オンラインレッスンネットに共通課題を追加しておきますね。

易道学校では皆皆さんの笑顔にお会いできてホントよかったです、やっぱりねー大人数だとひとりぐらいはもしやとか感染を心配してしまっておりましたが。保険をかけるようにですね。また次回、皆とお会いできますように!

課題を赤入れさせていただいて、自分ではもう開講して半年過ぎたしという感覚がある一方で「まだ半年」という感覚をもわきまえねばならないと痛感しております。自分がタロットを扱い始めた頃の様々な思い、エピソードを振り返りつつ、一方的にならないように気をつけてまいります。

井上でした。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 10:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする