2020年08月23日

12星座詳細その5 獅子座・獅子宮  更新完了


なかなかウェブページのみでは参考書籍の紹介したい部分などまであますところなくお伝えできず、近々勉強会も計画しております。
どなたかが仰ってもいましたが、やはり本格的、専門的に学ぶとうことにオンラインでは限界があるものでしょう。
しかももう獅子座の季節も終盤だというのに、、

とはいえ、まあやはりどちら様かがまたおっしゃって下さいましたがうちのコンテンツは内容が濃いので!
時期を問わず、数年前のページですら、価値を見出していただけているようで至福です。
本マガジンは更新時期にとらわれず、必要な時に参考にして頂ければ幸いです。


今回は画像も多様。やはり獅子だけに、CYヴィスコンティの剛毅、もしくは堅忍
イエール、ベイネック図書館からお借りしています。
王冠は、西洋絵画「聖母マリアの戴冠の儀式」などに見られるものにも似ています。
ブロンドの女性と獅子の黄金のたてがみがこの上なく、美しいこのタロットが描かれたのが推定1400年代前半。
Cary-Yale_11.jpg.jpg

また、同じころに描かれたアポロンとダフネも取り上げています。
両腕から月桂樹に変容していくニンフのダフネとギリシア神アポロンがともに中世風のいで立ちで描かれているのが興味深い! 妖精も神もこの世のものではないので、通常は裸身で描かれることが多いところ。
言われなければこちらがアポロンだなんて、まったく分からないことでしょう。
800px-Piero_del_Pollaiolo_(attr_)_Apollo_and_Daphne.jpg

アメリカのあるタロット研究サイトでは、その時代、即ち1470年頃なんと、予言を司るギリシア神アポロンとダフネをモティーフにしたタロット・デッキが描かれていたというのです。その50年前に、ミラノ公フィリッポ・マリア・ヴィスコンティがタロットの作成を注文した時にも、やはりこのアポロンとダフネがテーマとして取り上げられており、しかしながら、そのデッキはもはや存在しないと伝えられています。フィリッポ・マリアは、魔術的、神託的なシンボルを取り入れており、未来予知、占いの道具としての効果を発揮させていたとも記されています。


★ご好評頂いておりますEメール占いも、ただ今通常ペースで承っております。
ステラ・マガジンの中のメール占いとE-Mail占い館との違いは、
E-Mail占い館ではカード決済ができるというところだけです。

宜しくお願い申し上げます。
posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

タロットマスターズワールド更新&新規ログイン情報につきまして


日本タロット占術振興会のタロットマスターズワールドには
会員専用ページにWEB会報誌をアップしております。
https://www.tarot-society.jp/


※新しいユーザー名&パスワードで閲覧して下さい。
ユーザー名=ご登録のe-mailアドレス 
パスワード:→ 個別にメールをさせて頂きました6ケタ英数字です、後でお好きな文字列に再設定可能です。

皆様個別にメールをさせて頂きましたが、一部URLに誤りがあったようで、申し訳ございませんでした。

メールアドレス、パスワード等々ドットひとつでログインできなくなってしまいます。
ログインできない等不具合について、ご遠慮なくお問合せ下さい。
土日はお時間頂くことがございますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

井上

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 22:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

自分で考え、行動しようキャンペーン開催中

残暑お見舞い申し上げます☆彡

残暑の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。

夏季休暇に入られている皆様もいらっしゃるでしょうか、

平常通りの皆様も、毎度毎度、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

当方はカレンダー通りの営業となっております。

獅子座の季節にあって、暦の上では立秋も過ぎましたね。

どうか皆様、くれぐれも、感染拡大予防対策しつつ、夏を楽しみ、乗り切ってまいりましょう。


マガジン更新、web会報誌が遅れており、申し訳ございません。もう時期、でございます。

すでに獅子座の季節真っ盛りですが、獅子座と言えばやはりナイル川。

西洋占星術はギリシア・ローマで成熟したものではございますが、最重要事項のライツ/Lights=太陽と月、このいわゆる西洋占星術的二大惑星の立ち位置。

また、四重の概念という西洋占星術のロジックの骨子にはエジプト文化の片りんを見るもの。

獅子座の守護星太陽と蟹座の守護星月の話から行ってみたく。あと少しでアップできます。

なかなか珍しい、太陽神akhenatonの画像を見つけました。

ob_d808e2_akhenaton-en-sphinx-museum-de-kestner.jpgakhenaten-sphinx.jpg

ドイツ、アウグスト・ケストナー博物館蔵

※こちらの美術館では画像検索サービスはない模様。

https://www.hannover.de/Museum-August-Kestner

下記サイトより画像をお借りしております。
*古代エジプト関係ではなく、太陽光発電投資系の話ですね

*光線が下向きに発せられる太陽円盤Atonをはじめ神話の系譜に触れています


さて、つきましては、ウェブ会報誌、小冊子、少々お待ち下さいませ。夏季休暇の中でご覧頂けるかと存じております。


福岡での集いも、ぜひ開催しましょう!

皆さんでカルタ博物館へぜひとも見学にと思っております。+味覚の旅も、あまり堅苦しい話は抜きにしてよろしいのでは。

仙台でも、美味しいものをいただきましたね、東北の会ももちろん、一度開催しているのでやりやすいですし、時期を改めまた。

コロナが収束したらとか言っていたら何もできなくなりそうですから、自分なりに自粛した上ですべて行っていくことなのではと、私は考えております。


もうずいぶん前になりますが、日本に一時期滞在していたネイティブの友人たちと会った際、電車で乗り継ぎ移動中に「日本人やっぱりお子様ですね」と言われたことを思い出したのです。

どこに行っても一定の車内放送があり、その内容を聞いて、、

席の座り方、荷物の持ち方、スマホで迷惑かけるなetc..

確かに、そんな車内放送は、留学先では聞かれませんし、改めて内容吟味するに、レベル低すぎませんかと自分でも。


「日本人は、自分で考えて行動することができない民族」だという薄々の共通認識がなされている様子がうかがえた次第。

TVのニュース、新聞で「GOTOキャンペーンはやるし自粛はしろというし一体どうしろっての?」とホンキで問題視なのです。。番組制作者の中心になっているのは30〜40代なのでしょうか、「自分で考え、行動する」ことができない大人たちが主導する時代になってしまっているのならおそろしい気も。


ですが、ままですね、そんな方々にうってつけの占術でもあります。

自分で考え、行動したい人が活用するひとつの指針として、スピリチュアルではありますが、なかなか捨てたものではない思想的ツール。使いようです。


「どうしていいかわからない」と嘆くなら、占いでもって決めていただくのもよろしいかと存じます。フォローするのが占術家の仕事です。


自分で考え、行動するための、占いを承っております。


ご利用される方々、また占術する方の皆様のためのナディア・オフィスでもございます。

迷い不安も増す昨今ですが、暑さも何のそのでございます。

少々、お待ち頂くことも多くなってございますが、今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。

posted by ステラ・マリス・ナディア・オフィス at 16:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする